スポンサーリンク

食etc

トリュフチョコの由来は?トリュフ入っていないなど生チョコとの違いについて

目安時間 7分
トリュフチョコの由来
  • コピーしました

贈り物にも最適な「トリュフチョコ」ですが、その由来は見た目がきのこのトリュフに似ているからとされています。

 

また、生チョコは、「チョコレートと生クリームを混ぜて冷やし固めたもの」で、トリュフチョコは、「生チョコにチョコレートをコーティングしたもの」となっています。

 

なお、トリュフチョコにトリュフは入っていませんが、中には本物のトリュフを含んでいる商品も存在します。

 

この記事でわかること

・トリュフチョコの由来や意味
・トリュフチョコにトリュフは入っていないか
・トリュフと生チョコの違い

スポンサーリンク

トリュフチョコの由来や意味は?

トリュフチョコの由来は、高級食材であるトリュフ「セイヨウショウロ」に似ていることからです。

 

ここでは、「トリュフチョコの由来や意味」について解説していきます。

 

トリュフチョコはフランス発祥の有名なチョコレート菓子ですが、日本でも定番人気がありますね。

 

また、「トリュフ」とは和名でセイヨウショウロと呼ばれるキノコの呼び名で、「トリュフチョコ」はトリュフに見立てて作られたチョコレート菓子のことです。

 

また、トリュフの主な産地はフランスで主な消費地でもあります。

 

そのためトリュフという呼び名はフランス語の「truffe」に由来し、学名は「Tuber」、英語名は「Truffle(トラッフル)」といいます。

 

トリュフチョコにトリュフは入ってない?

トリュフチョコには、実際にトリュフは入っていないものが大半です。

 

ここでは、「トリュフチョコにトリュフは入ってないか」について解説していきます。

 

トリュフチョコの形はトリュフに似ていますが、実際にトリュフは入っていません。

また、トリュフはとても貴重で高価な食材です。

 

「トリュフ入りトリュフチョコ」を手作りしようとなると、トリュフを入手するのに苦戦することでしょう。

 

しかし最近、実際にトリュフをガナッシュに練り込んだ、贅沢な「トリュフ入りトリュフチョコ」を提供している店舗もあります。

 

トリュフとチョコの相性は絶妙で、芳醇な香りのトリュフが凝縮されたチョコは大人が楽しめる味わいに仕上がっています。

 

自分へのご褒美など、機会があれば是非チャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

トリュフと生チョコの違いは?どっちが簡単に作れるのか

トリュフチョコと生チョコは別の商品です。

生チョコは「ガナッシュを冷やし固めたもの」で、トリュフチョコは「ガナッシュをチョコレートでコーティングしたもの」といった違いがあります。

 

ここでは「トリュフと生チョコの違い」や「どっちが簡単に作れるか」について解説していきます。

 

トリュフ

トリュフは滑らかな口どけのガナッシュをチョコレートでコーティングしてあるチョコレート菓子のことをいいます。

 

やわらかい食感のもの、歯ごたえのある食感のものなど、多種多様となっています。

 

ちなみに、まわりに振りかけたココアパウダーは、土から掘り出した本来のトリュフの様子を表しているんですよ。

 

生チョコ

生チョコとは生チョコレートの略で、「ガナッシュ」を改良した日本生まれのチョコレートです。チョコレートの中で最もやわらかいとされています。

 

また、ガナッシュとは溶かしたチョコレートに生クリームを加えてクリーム状にしたもので、生チョコはガナッシュを冷やして固めたものです。

 

ただし、ガナッシュの周りはチョコレートでコーティングせず、そのまま冷やし固形化します。

その後、粉砂糖やカカオパウダーをまぶして完成です。

常温での保存ができないため、日持ちしないという特徴もあります。

 

ちなみに生チョコには日本独自の基準が設けられており、それをクリアしないと生チョコと名乗ることはできません。

 

チョコレートが全重量の60%以上でクリームが全重量の10%以上、クリームに含有するものを含めた水分量が全重量の10%以上といった基準があります。

 

簡単に作れるのはどっち?

先ほどお伝えしたように、トリュフチョコはガナッシュを丸く成形し、チョコレートをコーティングしたりココアなどをまぶして作ります。

 

また、生チョコはチョコレートや生クリームを混ぜて乳化させ、冷やし固めたものです。

 

ということは、トリュフチョコは生チョコよりも手間がかかっているので、生チョコの方が簡単に作れるんですね。

 

まとめ

トリュフチョコは高級食材「トリュフ」の形に似ていることが名前の由来とされています。

 

また、生チョコはチョコレートと生クリームを混ぜて冷やし固めたものです。

 

それに対してトリュフチョコはチョコレートに生クリームやバターを加えたものをボール型にまとめて、ココアパウダーなどを振りかけて作ります。

 

生チョコとトリュフチョコは、どちらも特別感のあるチョコレートですよね!

 

トリュフチョコや生チョコの違いが分かったところで、是非その違いを楽しんでみてください。

スポンサーリンク

  • コピーしました

    食etc   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
アーカイブ