スポンサーリンク

食etc

トリュフの育て方や栽培キットがあるらしい…収穫時期や簡単に育つのか解説

目安時間 6分
トリュフの育て方
  • コピーしました

一般的にトリュフの育て方は「トリュフ菌を共生させた苗木を植栽する」か、「すでに生育している樹木に菌を共生させて、地面に菌糸を定着させる」といった方法です。

 

しかし、日本国内でもトリュフ類は生育していますが、実は栽培方法は確立できていません。

 

また、トリュフの旬は秋~冬(11月~3月頃)のものが多いですが、品種によっては初夏~初秋が旬のもの(サマートリュフ)も。

 

この記事でわかること

・トリュフの育て方や栽培キット

・トリュフの収穫時期

・トリュフは簡単に育つのか

スポンサーリンク

 

トリュフの育て方は意外に簡単なのか?

基本的にトリュフを育てるためには、「トリュフ菌を共生させた苗木を植栽する」または「すでに生育している樹木に菌を共生させて、地面に菌糸を定着させること」が必要です。

 

その理由はトリュフは樹木の根に共生する「菌根菌」なので、樹木から栄養分を得て、壌土に「栄養菌糸体」を成長させることで、キノコを育てるからです。

 

トリュフの育て方

まず、トリュフ類はイタリア、フランスだけでなく、ヒマラヤや中国雲南省、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカなどでも採集、栽培されています。

 

また、トリュフの「菌」が木に感染すると、根っこに菌糸というものを出すことでトリュフができるというメカニズムです。

 

ヨーロッパなどでは、トリュフの栽培に適した土地で「感染苗木」を使って育てています。栽培できるトリュフの種類は限られますが、主にナラやハシバミの木の苗木に菌を感染させて植栽し、栽培します。

 

また、フランスのトリュフ園では、ヨーロッパカシを植えてトリュフを育てるようです。

 

なお、トリュフの発生には、夏の乾燥や冬の霜が影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

 

日本でのトリュフ栽培の技術は確立されていませんが、菌根化した感染苗木も実際に作成され始めています。

 

ちなみに、海外の人工栽培技術をそのまま日本で適用することはできません。

しかも、気候と土壌が栽培に適している場所に、菌を植え付けたカシの木を植えても、期待通りに生育できているかは分かりません。

 

トリュフを育てるには、長年の研究と忍耐力が必要になりますね。

 

トリュフの栽培キットがあるらしい

「トリュフの栽培キットがある」という噂はありますが、まだ日本での販売はないようです。

 

海外では、「トリュフをつけた樹木の苗木を地面に植え、収穫する」といった方法で一部の種類の人工栽培が実施されています。

 

日本で一般的に出回っている国産トリュフは、海外のものとは別の品種で、数も少ない現状があります。そのため、国内では現在も研究や技術開発が進められています。

 

なお、「キノコ栽培キット」は複数存在するため、今後研究次第では「トリュフ栽培キット」が専門店などで販売されることが期待されます。

 

国産トリュフが出回れば、その分価格も抑えられ、トリュフも多少は身近な食材になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

トリュフの収穫時期

黒トリュフは「サマートリュフ」と「ウインタートリュフ」の2つに分けられ、サマートリュフの旬は、6月~11月。 ウインタートリュフの旬は、11月~3月です。

 

また、この2つの時期の黒トリュフは、「トリュフを切った時の断面の色」から判別します。

 

黒トリュフはフランスを中心に、イタリアでも様々な地域で収穫されています。

季節毎に収穫できるサマートリュフとウインタートリュフの2種類に分かれており、それぞれ収穫ができる時期が定められています。

 

最近ではヨーロッパ以外の地域でも人工栽培されているので1年を通して流通可能になっています。

 

なお、トリュフの収穫は、木を植えた後、通常7年目から始まります。

トリュフの収穫はブタやイヌを活用し、成熟した良い香りをしたトリュフを効率よく収穫することができます。

 

まとめ

トリュフには様々な種類があり、色や発生時期などに基づいて、黒トリュフ、白トリュフ、夏トリュフ、冬トリュフなどと呼ばれています。

 

また、海外ではブナ科樹木などの苗木に菌を感染させた感染苗木を植栽して、人工栽培が行われています。

 

なお、日本でもトリュフの栽培化に向けた研究が進められています。今後に期待しましょう!

スポンサーリンク

  • コピーしました

    食etc   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
アーカイブ