スポンサーリンク

漫画

ルックバックどこで読める?意味わからんとか口コミ評判

目安時間 6分
ルックバック どこで読める
  • コピーしました

ルックバックですが少年ジャンププラスで冒頭を読むことができ、続きは単行本で読むことができます。

 

ルックバックは漫画家の藤本タツキ先生の作品ですが、その内容から非常に話題になりましたよね。

 

この記事では他にも

 

  • 漫画ルックバックどこで読める?
  • ルックバック意味わからん人のために簡単に解説
  • ルックバックの評判どうなの?口コミ挙げてみた

 

について紹介していきます!

スポンサーリンク

漫画ルックバックどこで読める?

漫画ルックバックですが少年ジャンププラスで掲載をされ、冒頭を読むことができます。

 

ルックバックは藤本タツキ先生の作品です。

藤本タツキ先生はファイアパンチやチェンソーマンで知られる漫画家で、独特の世界観や演出で天才と称されることが多いです。

 

ルックバックはそんな藤本タツキ先生の読み切り作品であり、チェンソーマン第1部が連載終了後、2021年7月19日に少年ジャンププラスに掲載をされました。

 

ルックバックは読切でありながらページ数は140ページをも超える作品となっています。

 

その中でも緻密な演出や心理描写も多く、胸打つ人が多いでしょう。

 

少年ジャンププラスでは期間限定での公開でしたので、現在は冒頭の50ページほどを読むことができます。

 

全部を読みたいという方は単行本化もされていますので、そちらを買って読むようにしましょう。

 

ルックバック意味わからん人のために簡単に解説

ルックバックは漫画を描くのが好きな小学4年生の藤野と不登校の京本との交流がメインのストーリーです。

 

小学校卒業をきっかけにして二人はであり、共同で漫画を執筆していきますがその中で藤野はプロの漫画家、京本は美術大学を目指すためにコンビを解消します。

 

その後京本がある事件をきっかけにして亡くなってしまい、外の世界に連れ出した藤野は苦悩をし物語は分岐をします。

 

一つは京本が事件に巻き込まれた本来の世界。

そしてもう一つは藤野が京本を事件から救い出す世界。

 

この二つの世界の分岐が突如切り替わって行くのでルックバックは意味がわからんという人もいます。

 

ただどちらしても藤野の中には京本は存在し、藤野は漫画を描き続ける描写で終了をします。

 

このことからも主人公である藤野の漫画に対しての信念、そしてそのきっかけとなった京本という存在は変わらないというメッセージが伝わりますね。

スポンサーリンク

ルックバックの評判はどうなの?口コミ挙げてみた

そんなルックバックですが評判としては名作という声が多いです。

 

口コミとしても、

 

  • 絶対に読んでほしい作品
  • 藤本タツキは天才
  • クリエイターとして筆を折るレベル

 

などといった声が多くあります。

 

特に同業者やクリエイターからの評判が凄まじく、ルックバックを読んで才能の違いを感じたという口コミもありました。

 

もともとルックバックが漫画家を目指す少女の物語であり、その描写がリアルだったことから突き刺さる部分も多いのでしょう。

 

そしてそれを作品としてまとめあげる藤本タツキ先生に対しても賞賛が多くありました。

 

実際このマンガがすごい!2022では大賞に選ばれており、その影響の強さがわかりますね。

 

しかし、その反面心象的な描写や映画的な手法も多く使われているので、反響の声ほどは響かなかった、特に何も感じなかったという声もあります。

 

ただこれらは作品である以上感じ方は人それぞれです。

特に何も感じない人もいましたが、突き刺さる人にはとことん突き刺さるような作品を生み出した藤本タツキ先生がやはり素晴らしいですね。

 

まとめ

ルックバックですが少年ジャンププラスで冒頭を読むことが可能となっており、全部読むには単行本を買う必要があります。

 

ルックバックは漫画家を目指す藤野と不登校の京本の交流がメインとなっており、現実とifの世界が複雑に入り乱れます。

 

そのようなことから意味わからんと思う人もいますが、突き刺さる人にはとことん突き刺さる陽作品となっており、高い評価を得ています。

 

ルックバックの良さはやはり読んだ人にしかわからないでしょう。

 

なのでもし気になったのならぜひルックバックを読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

  • コピーしました

    漫画   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ