スポンサーリンク

生物・動物etc

狼の愛情表現の「噛む」「鼻をこする」の意味は?つがいで一生過ごすのはなんで?

目安時間 5分
狼の愛情表現
  • コピーしました

狼は現在日本には生息はしていないとされていますが、世界的にはまだまだ生息をしています。

 

しかしそれでも絶滅危惧種には指定をされており、世界を挙げて狼を守る動きが活発になされています。

 

狼はイヌの先祖というのもあり、愛情表現が豊かなのが特徴です。

特に仲間内で軽く噛むなどの行動はよく見られますが、これは愛情や信頼を意味します。

 

ここでは狼のさらに「?」な行動について詳しく解説をしていきます。

スポンサーリンク

狼の愛情表現「噛む」はどういう意味?

狼の仲間内で噛むというのはよく見られる行動です。

狼は顎が普通の犬より大きいので、時には相手の口をそのまま丸ごとガブっと噛むこともあります。

 

もちろん本気の噛むということではなく、コミュニケーションとしての噛む行動ですが、愛情や信頼の意味があります。

 

狼ですが生態としては集団で生活をしています。

大体平均としては4頭から10頭ほどの集団を交えて生活をして、その中で明確な順位付けがなされています。

 

犬が飼い主を含めて順位づけをするというのは有名な話ですよね。

 

この順位の中で自分の順位を確認するために、信頼を表すために相手を軽く噛むことがあります。また愛情表現としても噛むことがあります。

 

このように狼の仲間内での噛むという行為は敵意があるわけでは決してなく、狼の集団性格の中で規律を高めるために行われているのですね。

狼が鼻をこするのはどういう意味

また狼ですが、行動の中で「鼻をこする」というのもあります。

 

鼻を擦るですが、この行動は群れの中での挨拶だと考えられています。

 

犬を飼ったことがある人ならわかると思いますが、犬は飼い主に対して鼻を擦り付けることはよくあります。

これは犬が飼い主に対して自分の存在を認知してほしい、かまってほしいなどの意味があります。

 

狼の場合も同様であり、集団の中で相手に鼻を擦り付けることで相手に認識をしてもらう、つまり挨拶の意味があるとされています。

 

厳しい自然の中で生きていく狼ですから、コミュニケーションというのは非常に大切になります。

 

犬が元来義理堅い、忠誠度が高い生き物ですから、狼もまさに仲間とのコミュニケーションを大切にしていることがわかりますね。

 

スポンサーリンク

狼はつがいで一生同じは本当?理由は

狼はつがいになったら一生同じ生活をして過ごすとも言われています。

これって本当なのでしょうか?

 

結論から言えば、本当です。

狼は上記の通り群れの中で生活をしますが、この群れは血縁関係のある狼同士で構成されることがほとんどです。

 

そして狼はつがいになったらその者と一生を共にします。

 

この理由としては狼が義理堅い生物だからとしか言いようがありません。

ライオンなどは一夫多妻制で集団を形成します。

ただ生物の種を残すという点ではライオンの方が遥かに効率的です。

 

狼の場合はその全くの逆で、つがいになったらずっと一緒、そして仮にパートナーが不慮で亡くなった場合も残った狼は一生を一人で過ごすことがほとんどです。

 

加えてパートナーの後を追って自ら命を絶つことさえもあります。

 

お互いを信頼し合っているからこそ一生を共にするのは、人間の夫婦のような関係にも見えますね。

だからこそ人間は長年犬をパートナーとして共に生活をしてきたのかもしれませんね。

 

まとめ

狼ですが仲間内で軽く噛むという行動がよく見られます。

この行動は仲間に対して愛情や信頼を表す行動だとされています。

 

また鼻を擦り付けるという行動も、相手に自分の存在を知らせる挨拶のようなものです。

 

それだけ狼は仲間内でのコミュニケーションを大切にします。

そして、狼はつがいになったら一生をパートナーと共に過ごします。

 

そんな狼を私たちはこれからも守っていかなくてはなりませんね。

スポンサーリンク

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
アーカイブ