スポンサーリンク

マナー・常識

お見舞い用封筒には名前は書かない?お金の入れ方や裏側の折り方まとめ

目安時間 6分
お見舞い封筒に名前書かない
  • コピーしました

親族や友人が急に入院をすることになって場合、お見舞いに行かなくてはならないですよね。

 

そんな時に必要になるのがお見舞い用封筒です。

入院は何かとお金がかかってしまうので、気持ちだけでもお金を渡すとありがたがられるでしょう。

 

お見舞い用封筒ですが、相手の名前を書くことはほとんどありません。

というか、書いたら失礼です。

 

この記事ではお見舞い用封筒の書き方、お金の入れ方、裏側の折り方について解説をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

お見舞い用封筒は相手の名前書かないの?

お見舞い用封筒ですが、普通に生活していたら用意することもないですし、用意するとしても急な話のことが多いです。

なので何かとわからないことが多いですよね。

 

お見舞い用封筒ですが、一般的にお見舞い用封筒では相手の名前を書きません。

 

お見舞い用封筒の表面でにはお見舞いのみで相手の名前を書くこともありません。

 

そして表書きには、「お見舞い」という言葉以外には自分の名前を書くようにします。

 

お見舞い用封筒に相手の名前を書かない理由としては、お見舞い用封筒は相手に直接渡すのが前提となっているためです。

 

お見舞い用封筒を選ぶ際ですが、表面には熨斗が書かれててないものを選んでください。

スポンサーリンク

 

熨斗は縁起事を意味しますから、これでは入院をお祝いしているようで返って失礼になってしまいますよね。

 

お見舞い用封筒では熨斗の描かれていない水引のみのものを選んで、使うようにしてください。

 

お見舞い用封筒 お金の入れ方や向き

お見舞い用封筒ですが、お金の入れ方や向きも気になりますよね。

 

結論から言えば、お金の入れ方としては肖像画の方を表向きにして入れると良いとされています。

 

こうすることで開けた際に一目で金額を確認できるという配慮がされています。

 

またお見舞い用封筒にお金を入れる際ですが、マナーとしては新札は避けるようにしましょう。

 

お祝い事の場合では新札を用意して入れることがマナーとされていますが、お見舞い用封筒の場合は違ってきます。

 

お見舞い用封筒で新札を入れてしまうと、まるで入院をお祝いしているかのように捉えかねません。

 

ですのでお見舞い用封筒の場合はお金を新札でなくていいのですが、あまりにボロボロなのはさすがにマズイので綺麗めのお札を使うようにしてください。

 

ちなみに見舞金の相場ですが、親族の場合は5000円から1万円が相場であり、友人や会社の同僚の場合は3000円から5000円が相場となっています。

 

いくらお見舞いの気持ちが強くても相場より大幅に多いと相手を困らせてしまうことにもなるので、相場の範囲内で収めるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

お見舞い用封筒の裏側の折り方

お見舞い用封筒は、裏側の折り方にも気を配らなければなりません。

お見舞い用封筒は内袋にお金を入れたら、中央に縦書きで金額を記載しておきます。

 

一万円でしたら「金 壱萬円」と書くことが多いですが、「金 一万円」でも構いません。

 

そして内袋の裏側には左寄せで住所を書いておきましょう。

その後にお見舞い用封筒の上袋を折るようにします。

 

その際には下側の紙が上に来るように折ってください。

 

これは相手に「下から上に上昇し、快方に向かってください」という願いが込められています。

 

細かなことではありますが、このような小さな心遣いやマナーが相手にも喜ばれるので、間違えないようにしてくださいね。

 

まとめ

お見舞い用封筒は、基本的には相手の名前を書くことはありません。

 

これは相手に直接渡すことが前提となっており、お見舞い用封筒の表書きには「お見舞い」と自分の名前を書くようにします。

 

お金を入れる際には肖像画方を上にして入れます。

新札は避けるのですが、綺麗めなお札を選ぶようにしましょう。

 

お見舞い用封筒の裏面を折る際には下側が上に来るように折ります。

 

ぜひお見舞金のマナーを守った上で、お見舞いをするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

  • コピーしました

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
アーカイブ