スポンサーリンク

家事etc

赤ちゃん 昼間どこに寝かせると安心?寝返りや犬猫飼っている場合について

目安時間 7分
赤ちゃん昼間どこで寝かせる
  • コピーしました

赤ちゃんの「お昼寝場所」は、お家の環境やライフスタイルに大きく左右されますが、一般的には「リビング」や「リビングに近い部屋」、もしくは「寝室」が大多数です。

 

また、動物を飼っている場合は、リビングにベビーベッドを置いたり、サークルやゲートを活用するなど工夫するとよいでしょう。

 

今回の記事では

 

  • 昼寝に赤ちゃんを寝かせる場所
  • 寝返りを始めた赤ちゃんのお昼寝場所
  • 動物を飼っている場合

などについてご紹介いたしますので、「昼間の赤ちゃんの安全な居場所」が知りたいママ・パパは是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

赤ちゃん 昼間どこに寝かせるのが安全?

親にとって「昼間赤ちゃんをどこに寝かるか」というのは悩ましい問題ですが、家族がいて目が届きやすい「リビング」で寝かせるという方が圧倒的に多いです。

 

では、「安全な赤ちゃんの昼寝場所」や「ポイント」についてみていきましょう。

 

赤ちゃんを寝かせるおすすめの場所

リビング

赤ちゃんの定番の居場所といえば、家族が集まりやすいリビングです。

 

ちなみに我が子の場合は、日当たりのいいリビングに赤ちゃん用のお昼寝マットを敷いて、日中自由に寝かせてあげていました。

目が届きやすいので、家事もしやすかったですよ。

 

また、スペースに余裕あれば、ベビーベッドを寝室から移動させるか、持ち運びできるベッドのようなものを置くのもいいでしょう。

 

さらに、クーハンやバウンサー、ハイローチェアを使うと、使い勝手がいいのでおすすめですよ。

 

リビングに近い部屋

リビングに近い部屋というと、和室の割合が多いようです。
畳の部屋だと、ジョイントマットやカーペットなども敷く必要もないのがメリットですね。

 

大人用や赤ちゃん用の布団で寝かせつつ、家事をしながら目が届けば安心ですね。

 

寝室

リビングが狭かったり、寝室がリビングの近くにないなどの間取りになっている場合は、昼間の赤ちゃんの居場所は必然的に寝室になるようです。

 

また、赤ちゃんが寝室のように暗くて静かな場所でないと寝られない、というのも理由の大半です。

 

ポイント

昼間、赤ちゃんを目の届くところでねんねさせるためには、リビング用の寝具を用意し、床に直接布団やマットを敷くのが手軽で便利ですよ。

 

布団セットがあれば、おむつ替えスペースをわざわざ用意する必要もなく、赤ちゃんスペースが完成します。

 

寝返りを始めた赤ちゃんは昼間どこに寝かせると良い?

とくに、寝返りし出した赤ちゃんはうつ伏せ寝をしてしまう心配があるので、目が届くようにしておきたいもの。

 

というのも、寝返りが始まると、自力で戻れるようになるまでは、いちいち戻してあげる必要があるからですね。

 

そこで、日中家族がリビングで過ごすことが多いという方は、赤ちゃんをリビングの床にマットなどを敷いて寝かせておくと安心ですよ。

 

ただし、ソファーのように高い場所で寝かせてしまうと、落下する危険性がありとても危険ですからやめましょう。

 

ポイントは以下のようなものです。

 

ポイント

ジョイントマットを使用する

フローリングの上に手軽にジョイントマットを敷いて赤ちゃんを寝かせている方も多いです。

 

ベビー布団に比べて広範囲にクッション性のある床を作ってあげられるうえに、よだれが出てもさっとふき取ることができます。

 

子どもが大きくなってからも、敷いたまま遊ばせることができるので、長く使えてコスパも◎

 

寝具の選び方

赤ちゃんを床に寝かせるのに敷布団を敷くなら、柔らかすぎないものを選びましょう。

敷布団が柔らか過ぎると寝返りをした時、顔が敷布団に沈み込んでしまうからです。

 

スポンサーリンク

犬を飼っている場合、赤ちゃん昼間どこに寝かせる?

ペットと暮らす場合は、アレルギー対策に加え、赤ちゃんをできるだけ高い場所に寝かせるか、サークルやゲートを設置するなどの対策が必要です。

 

また、過剰に神経質になることはありませんが、以下のようにポイントを押さえるとよいでしょう。

 

ポイント

赤ちゃんがペットと日中一緒に過ごす場合には、ママやパパがトイレに行ったり洗濯を干したりと、その場を短時間離れるだけでも心配ですよね。

 

そんなときには、赤ちゃんをベビーベッドに寝かせるか、ペットにゲージに入ってもらうようにすると安心です。

 

また、動物の毛、ホコリなどはアレルギー発症の原因になる可能性があります。
換気や掃除はこまめにして、赤ちゃんの部屋には空気清浄機を置くのがベター。

 

ぜひ自宅のペットに合った方法を見つけてみてくださいね。

 

まとめ

きょうだいがいたり、部屋数が少なかったり、目が届く場所がないなど、家庭によって環境は異なり、「昼間の赤ちゃんの居場所作り」に悩む方も多いでしょう。

 

便利なアイテムを取り入れつつ、生活スタイルに合わせて、赤ちゃんのために安全で安心な居場所を作ってあげましょう!

 

なお、ちょっと目を離したすきに、赤ちゃんは寝返りしてしまいます。周りに危険なものがないか、よく確認してくださいね!

スポンサーリンク

  • コピーしました

    家事etc   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ