スポンサーリンク

マナー・常識

おみくじの争い事について。勝ち退くが利、勝つが難ありの意味は

目安時間 6分
おみくじ 争い事
  • コピーしました

おみくじの争い事ですが、スポーツの試合の結果や訴訟など、幅広い意味での争いごとに用いられます。

 

おみくじですが運勢も気になりますが、事柄についてもしっかりと確認する必要があります。

 

事柄の意味を知ることによって、おみくじの運勢以上に自分を高めることができますよ。

 

この記事でわかること

・おみくじの「争い事」の意味は?
・おみくじの争い事 勝ち退くが利の意味は?
・勝つが難ありの意味は?

スポンサーリンク

おみくじの「争い事」の意味は?

おみくじの「争い事」の意味ですが、上記のように幅広い意味での争いに用いられます。

 

大切な試合だったり、人間関係トラブルによる争い、訴訟など争い事全般に用いられ、それについて神様からのアドバイスが書かれています。

 

なので大事な試合の前や大切な裁判の前にはおみくじを引いて、結果を見てみるのも良いでしょう。

 

ただ例えば凶が出たからといって落ち込むことはありません。

おみくじというのは運勢というよりは神様のお告げという意味合いが強いです。

 

例え凶であってもその後、正しい行動を心がけることによって十分に運勢が回復をしていきます。

 

ですので試合などの前でしたら、むしろ上がり目しかないということでポジティブに考えることも可能ですね。

 

おみくじの争い事 勝ち退くが利の意味は?

おみくじの争い事ですが、勝ち退くが利の意味としては勝っている時に止めることが良いという意味になります。

事柄には様々な文言が書かれていますよね。

 

ただこれらの中にはわかりにくい言葉もあり、いまいちピンと来ないかもしれません。

 

その中でもわかりづらいのが勝ち退くが利です。

 

こちらですが、上記のように勝っている時に退く(=止める)のが良いという意味になります。

 

おみくじの争い事ですがギャンブルも含まれます。

 

なので、もしかしたらおみくじの結果からギャンブルが絶好調ということもあるかもしれません。

 

その時にあるあるなのがつい欲を出しすぎてしまうことです。

この時は大抵痛い目にあってやめておけばよかったなります。

 

筆者も競馬が好きですが、勝ちが続いていたのに最終的になぜか負けているということはよくあります。

 

なぜだかはわかりません。

ギャンブルで勝ちが続いても、そこでスパッとやめて確実に利益を取るようにという神様からのアドバイスですのでしっかり従うようにしましょう。

 

同じようにギャンブルに近いものでは投資などがありますよね。

 

こちらは争い事ではなく、事柄では「相場」というものがあります。

 

この相場では投資や投機、商売など全般を指します。

 

なのでギャンブルとは別に株や商売での利益を出すことが知りたい場合には、この相場を確認するようにしてください。

 

微妙に意味合いが違うので、分けて考えるようにして参考にするようにしてくださいね。

スポンサーリンク

勝つが難ありの意味は?

おみくじの争い事で勝つが難ありとあったら、それは最終的には勝つけど、その道は険しいという意味合いになります。

 

なのでこれは最終的に勝つから良い!と考えるか、なかなか簡単には勝てない…と考えるかは人それぞれですね。

 

ただこちらもおみくじというのはあくまでも神様のお告げです。

 

そこからの努力次第では、いとも簡単にあっさりと勝つことも可能になります。

 

なのでおみくじの結果に一喜一憂をするよりはその後の自分の行動を考えるきっかけにした方が良いでしょう。

 

まとめ

おみくじには争い事という事柄があります。

 

こちらはスポーツの勝敗や人間関係トラブルによる争い、訴訟など争い全般のことを指します。

 

その中で勝ち退くが利という文言があったら、買ったところでスパッと止めましょうという意味合いになります。

 

ギャンブルをする人は深く刻み込んでおきましょう。

 

また他には勝つが難ありというのもあり、こちらは勝つことには勝つがその道は険しいという意味です。

 

ただこれも自分の行動次第で運勢や結果は変わっていきます。

 

おみくじの結果よりも前を向いて自分の行動を考えていくようにしてくださいね!

スポンサーリンク

  • コピーしました

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ