スポンサーリンク

マナー・常識

お布施には名前書かない?裏の金額の書き方やお金の入れ方や向きなど

目安時間 6分
お布施に名前書かない
  • コピーしました

お布施ですが名前は書きます。

自分の名前を書かないと相手は誰からのお布施なのかわからなくなりますよね。

 

なので、確実に自分の名前は書いたほうがいいです。

 

普段渡すことが少ないお布施は何かとわからないことが多いですし、月日が経つと忘れてしまうのでここで復習しておきましょう。

 

この記事でわかること

・お布施に名前書く理由
・お布施の封筒裏の金額の書き方
・お布施のお金の入れ方や向きは?

スポンサーリンク

お布施に名前を書かない?書く?

お布施ですが、名前を書く必要があります。

 

お布施は、お葬式の時にお坊さんの方に渡すものとなっています。

 

その時の袋としては白い封筒を用意するようにしてください。

弔事(ちょうじ)ということで、熨斗袋(のしぶくろ)を選ぶ必要はありません。

 

そして表面の上部に「お布施(御布施)」、「御礼」、「読経料」などといった事柄を書いて、下段に喪主の名前を書き入れるようにしましょう。

 

その際には黒い筆ペンで丁寧に書けば問題はありません。

 

もしお坊さんを呼ぶのが初めての場合には、裏側に住所を入れておくと良いでしょう。

 

これらのお布施ですが、宗教によっても異なります。

 

例えばキリスト教の場合には白い封筒の上部に「献金」「御礼」で、下段に喪主の名前。

 

神式の場合には白い封筒の上部に「御祭祀料」「御礼」「 御神饌料」といった言葉を書いて、したに喪主の名前を書くようになっています。

 

名前を書くことは変わりませんが、事柄が結構変わりますので注意をしてくださいね。

 

そしてこれらでももし初めて呼ぶ場合には裏側に住所を入れておくと親切です。

 

お布施の名前ですが、内袋がある場合にはそちらに名前を書くでも問題ありません。

もし内袋を使う場合には、そちらに喪主の名前を書くでも問題はありません。

 

よくないのが内袋がなからといって、封筒を重ねて使うことです。

 

これだと意味はないので、内袋がなかったら白い封筒に直接お布施を入れるで問題ありませんよ。

 

お布施の封筒裏の金額書き方

お布施の金額の書き方としては旧字となり、少し特殊な書き方をします。

 

金額は例えば「一」なら「壱」、「二」なら「弍」のように書くことが多く、少し分かりづらいですね。

 

なので、お布施が10000円でしたら、封筒の裏側に「金壱萬圓」のように書きます。

一覧としては以下のようになっています。

 

  • 一→壱
  • 二→弍
  • 三→参
  • 五→伍
  • 十→拾
  • 百→佰
  • 千→仟
  • 万→萬
  • 円→圓

 

それぞれの金額の旧字は事前に調べておくと良いですよ。

 

そしてこのお布施の金額を封筒の裏面に記しておきます。

または中袋に入れる場合には、そちらに書いておくようにしましょう。

 

お布施のお金の入れ方や向きは?

お布施ですがお金の入れ方としては表書きの方にお札の肖像画が見えるようにしましょうそして取り出し口側に肖像画が来るようにします。

 

お祝い事の場合にはお布施のお金はできるだけ新札が良いとされていますよね。

しかし、弔事のような場合には診察は避けるべきとも言われています。

 

ただ最近は特に気にすることもないので、手元にあるお札を使えば良いでしょう。

 

お布施を渡すタイミングとしては、お葬式の前か、お葬式が終わった後にお坊さんに渡すようにします。

 

どのみちどちらかのタイミングでお坊さんと話すタイミングがあるので、そのタイミングでお布施を渡すようにしてください。

 

その際ですが、渡し方にも注意が必要です。

お布施を渡す際ですが、直接手渡しはしないようにしましょう。

 

お布施を渡す際には切手盆と言われる、小さなお盆の上に乗せて渡すか、袱紗(ふくさ)の上に乗せて渡すようにしましょう。

 

その際にはお布施の文字が相手側に見えるようにしてから渡すようにしましょう。

 

まとめ

お布施ですが名前は書きます。

名前を書く際には白封筒の下部に喪主の名前を書くようにしましょう。

 

金額に関して裏面に旧字体で書くようにしましょう。

 

あまり慣れない感じですので、事前にしっかり調べておきましょう。

 

お布施のお金の向きとしては肖像画が上に向き、取り出し口側に来ます。

お葬式になると準備がバタバタでとても忙しいです。

 

ただしっかりとお布施を用意して、お坊さんに渡すようにしてくださいね。

スポンサーリンク

  • コピーしました

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
アーカイブ