スポンサーリンク

ネット・スマホetc

LINEがだらだら続く男はめんどくさい?ラインの終わらせ方やサインの出し方

目安時間 8分
LINEダラダラ続く男はめんどい
  • コピーしました

LINEがダラダラ続く男ってめんどいですよね?

 

基本的に男性が女性とのlineをだらだらと続けているのは、単純に「少しでも長く女性とlineしたい」と思っているからです。

 

基本的に男性は女性が好きなので、LINEも女性となら喜んで続けてしまうんですね。

 

今回の記事では

 

  • lineがだらだら続くときの対処法
  • LINEの終わらせ方・例文
  • ラインを終わらせたいサイン・例文

などについてご紹介いたしますので、「好きでもない男性からのLINEへの対処法」を知りたい方は是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

LINEがだらだら続く男がめんどくさいときの対処法

「相手の女性が好きだから」という理由で、だらだらとlineをしてしまう男性も珍しくはないでしょう。

 

らいんは直接会って時間を共有できるものではありませんが、奥手ゆえにLINEに頼ってしまうのかもしれませんね。

 

これから、そんなときの「対処法」をご紹介します。

めんどいLINEの対処法

スタンプを押す

女性側がLINEを終わらせたいときの対処法としては、「OK」「おやすみ」など「ここで話は終わりです!」という趣旨のスタンプを送って会話を止めるという方が多いようですよ。

 

これをlineで送信されると、男性も「そろそろ終わりかな」と感じてくれるはず。

 

フェードアウトする

「LINE早く終わらせたいから」と返事を早く返しているのだとしたら逆効果。

あなたがすぐに返信すると、相手は「まだ何か伝えたいことがあるのかも」と解釈し、さらに返信してくるでしょう。

 

まずやりとりのペースを落として、「話が弾んでない雰囲気」を出せば、相手も察してくれるかもしれませんよ。

 

既読無視する

今回の対処法を実行してもLINEが終わらないなら、「既読無視」をするのもひとつ。

 

だらだらと続くlineに対しては、「返信を忘れてしまった」などの言い訳が使えるので、どうしても困ったときは思い切ってそのまま放置しちゃいましょう。

lineがだらだら続く男との終わらせ方、例文

好きでもない男性とだらだらとLINEを続けていると、疲れてしまうでしょう。

 

でも、女性がなるべく早く切り上げたいと思っても、相手の気持ちなどを考えると、そのまま「らいんを終わらせたいんだけど」なんて言えませんよね。

 

ここでは、「ラインの終わらせ方」を例文付きで解説していきますね。

LINEの終わらせ方・例文

夜に送信する

●「おやすみなさい」
●「お風呂に入ってくるね」

 

ポイントは「夜の時間」にlineを送ること!

眠りはじめる時間帯に送り、メッセージの最後に「おやすみなさい」とつけると、相手からも「おやすみ」「またね」と返信がくるはずです。

 

また「お風呂に入る」も「おやすみなさい」も伝えたいことは同じです。

最近はジップロックにスマホを入れてお風呂に持ち込む方も多いですが、そんなことを気にする必要はありません。

 

仕事を口実にする

●「明日出社時間早いんだよね」

●「会社が繁忙期に入ったから」

●「同僚が退職して忙しくなったの」

 

眠る時間帯に終わらせる作戦と同じく、現実的な理由でだらだらと続くLINEを切り上げることができます。

 

特に便利に使えるのは仕事を理由にすること!

 

「しばらく仕事が忙しくなりそうだから!」との理由を相手に伝えれば、強引にでもlineを終わらせることができるでしょう。

 

別に仕事が忙しくない場合であっても、困ったときはこれらを言い訳に対処してみましょう。

 

学業を口実にする

●「毎日宿題が多いから」
●「テスト期間中だから忙しい」

 

学生なら学業を言い訳にできるので、学生でしか実行できない対処法もあります。

 

特に使える時期はテスト期間に入ったタイミングなど。

 

もしテスト期間ではない時期に対処したい際は塾などを理由に使うのが効率的でしょう。

 

学業は学生にとって最も大事なことなので相手も納得しやすいはずです。

スポンサーリンク

LINEを終わらせたいサインを出す、例文

正直興味のない話題が続いたり、あんまり好きじゃない相手からのラインは早めに終わらせたいですよね。

 

そんなとき、あなたは相手にどんなLINEを送っていますか?

 

内容次第では、もはや「既読スルーですべてを終わらせてしまう」のもアリ。

 

最後に「lineの終わらせるサイン」を例文付きで解説いたします。

LINEを終わらせるサイン例文

簡潔に「寝る」と宣言する

●「もう寝るね」

 

ただし、「正直そんなにlineしたくない相手」にこのように送ってその日のLINEは終了したものの、翌日「おはよう!」と朝からメッセージカードがきた!という方も…

 

「こちらから連絡する」と伝える

●「また連絡するね!」

 

これは言い換えれば「私が連絡するまで連絡しないでね」ということを遠回しに伝えています。

実際、「連絡はしません」といった意味で使う方も多い言葉でもありますね。

 

理由をつける

●「そろそろ仕事に戻るね」

●「あ!〇〇が来たから、じゃあね」
●「あっ、宿題残ってたわ」

 

何らかの理由を付けて、あなたから会話を終わらせましょう。

 

ここまできたら「気遣いのための嘘」と割りきって試してみてはどうでしょう。

まとめ

「LINEがしつこい」と思われる方は、たいてい「相手がlineを終わらせたいと思っている」というサインにも気が付かず、「そういえば~」などと話を続ける傾向にあります。

 

そんなときは基本的に「自分からさらっと終わらせるよう仕向ける」のがベストですよ。

 

そろそろ話を終わらせたいなと思っている相手からのLINEは、スマートに話を終わらせちゃいましょう!

スポンサーリンク

  • コピーしました

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内を検索
  最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ